リサイクルトナーメーカーの行方【純正に負けず劣らず優秀品】

プリンター

高いトナーの常識が変わる

リサイクルでお得に

色見本

プリンターのトナーと言うのは、当然の必需品でありながらなかなかお値段が張るものです。安いものでも、1本9,000円前後のものが多く、それが全色となれば結構な出費。個人での利用は勿論ですが、中小企業でも意外とストック出来るほどの余裕がない所も多くあります。しかし、大事な資料をプリントしている時にトナーが無いなんてことにならない為に、出来ればストックしておきたいものです。そこで、リサイクルトナーが重宝されます。主にネットショップが取り扱いにはなりますが、正規新品の半額程度で販売していることが殆どです。何と言っても価格が魅力ですが、トラブルに見舞われる人も。リサイクルトナーのリスクを理解して、トラブル回避、賢く利用しましょう。

使うことによるリスクとは

リサイクルトナーとは、少し残ったトナーを掻き集めて一本にしたものではありません。回収したトナー容器を分解洗浄、修理して、純正品と同量の新品トナーを詰めたものです。洗剤等の「詰め替え用」をイメージすると分かりやすいでしょう。中身は新品で、コストパフォーマンスは圧倒的です。では、このリサイクルトナーが抱える問題とは何でしょう。トナーの容器自体はあくまで中古なので、トナーが出てこないなどの初期トラブルが起こりえます。また、印刷の色味も正規新品と多少異なる場合があり、何枚かプリントすると色が定着する場合もあるようです。実務的にもお財布的にも打撃になるトラブルもあります。プリンタードラムの故障によってメーカーのメンテナンスを受ける場合、リサイクルトナーを使用していると、メーカー保証外になるケースが多いことです。正規新品トナーセット以上の出費になりますので、注意が必要です。